新卒採用で入社しましたが、思い切って転職を決意しました。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、一歩踏み出して転職すると決めました。

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、転職すると決めました。実際に転職する前は、かなり悩んでしまいました。でも、会社を数年で辞めて、多くの人が転職を経験していることを転職活動を通して理解し、いつの間にか不安な気持ちは解消されていきました。また1回でも転職をするとなんだか気持ちが前向きになっていき、「自分のやりたいこと」を見つけることが毎日が見違えるように変化しました。なかには「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」といった意見も多々ありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私自身、転職を経験して良かったと思います。

転職活動をするにあたっては、いろんな方法で情報を集めることが多いと思いますが…

転職するときは、いろんな経路で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の「口コミサイト」を利用しない手はありません。少し前に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。会社の都合で退社した元社員の報復によってそういった口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、異なる角度から見れば、ウソの書き込みだったなら、会社としては放っておけばいいようにも思えます。ですが、実際には『クロ』で「真実が書かれているので、早く火消ししなくては!」としていると考えることも出来ます。口コミサイトも囃し立てることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い口コミが目立つということは、それだけ、入社してから不利益になる可能性が高くなる、と見て良いでしょう。というか、善良な会社だったら煙すら立ちませんから。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、多くの職場…

求人広告には、ほとんどの場合、大部分の職場では月の収入が明記されています。でもこの月収の項目を調べれる時には、注意深く確認する事が大事です。その額の多い少ないだけ見て判断しないほうが無難です。実は場合によっては、月収の中身に月20時間残業の場合が条件になっているかもしれません。それは残業代の金額を含めて計算することで金額が高く見えるようにしている場合もあります。また、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている企業もあります。ですから、このようなよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は興味を持たないほうが賢明です。

もしもあなたが転職を考える場合に「Uターン」「Jターン」など、…

もしもあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Iターン」といった具合に、都会から地方に移り住んだ上で再就職したい、と考える人も多いです。ここ最近は転職サイトをうまく活用すれば、地方・郊外の求人も容易に得ることができますが、ですが、地方や郊外での求人については、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、その点がマイナスといえます。したがって求人サイトを利用するのは当然ですが、求人情報サイトに加え、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもマメに確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポート系のイベントについても見逃さないようにしましょう。

現代の企業の雇用事情の変化に当たって、全世代の中で34歳ぐらいまでの若者…

このように近年の会社や企業の雇用形態の変移に際して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い人たちは鋭敏に感じ取って、多分、転職と自らのキャリアアップを同時に考えているのでしょう。このため、サラリーマン・労働者といった人たちの労働力の「流動化」が活溌になっているので、ますます今後、益々より広い世代で転職についての関心が高まっていくはずです。「流動化」が進むことで仕事を変えることは一般的に当たり前となりつつあります。「終身雇用制度」機能していた頃は、転職者は、そのことでややネガティブに捉えられる傾向が強く、転職が思うようにいかず、困っていた人もたくさんあったのです。ところが、時流が変わったせいもあり、今の会社だけに執着する必要が無くなってきていると言われています。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました